出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルレポート

不思議求む。オカルト探求家・ライターー怪奇で奇怪な謎でお困りならゴーストボーイまで❗️中立的な霊感0です。心霊 妖怪 UMA UFO UMA 超常現象など、ネットには載らない怪奇で奇怪なオカルト話を後世に語り継ぐため“謎ノート”に蒐集してます。さらにいわく付きな物も無料で回収中。そして、いつか謎本を出版するのが密かな野望。

『遠野物語 山の人生』【山女】


山には『何か』がいる、私は唐突にそう思ったわ。

これは私が遠野を旅していた時の怪奇で奇怪なお話よ。

私は岩手県八幡平駅から、とある廃墟を目指していたわ。

そこは駅から6時間歩くのよ。6時間近くも歩ける訳ないわよね。

タクシーを途中まで使い、山を登り始めたわ。

私は果てなき山とも言える道路を登っていったわ。

後ろからトラックに追い越されたのは数えきれないわ。

その途中で、異変が起こったわ、が出てきたの。

先が見えたい旅、そこで私は泣いてしまったの、理由がないのに、泣いてしまったの。

が出た途端に、私の周りに何かいたのかしら、ふとそんな気がしたわ。

そんな泣いてしまた私の名前は、未知子。ファミレスの水はロックの水割り派未知子よ。

前フリが怪奇で奇怪なこわ〜い話から始まる変なブログよ。

さて、今回のテーマは『山女』。 柳田国男先生の本遠野物語 山の人生』に書かれているお話よ。

さっそくその内容を簡単に未知子流に現代語訳してみるわ。


『山女』

山の奥に佐々木嘉兵衛という老人が住んでいる。この老人が若かりし頃、猟をするために山に入り込んていた。 そんなある日、岩の上に美しい女性がいた。
その女性は長い黒髪だった。肌が白く美しかった。
佐々木嘉兵衛は、その奇妙に思ったため、女性を猟銃を撃ち放った。
倒れた女性の元に駆け寄った佐々木嘉兵衛は、その女性の髪を切り取り、懐に仕舞った。
家に帰っている途中ら佐々木は突然の睡魔に襲われた。 そのウトウトとしている時、大柄の男がやってきた。
その男は佐々木の懐から髪の毛を奪い、そのまま姿を消した。





ふう・・・って、なぜ撃った⁉️ 佐々木いいいいい⁉️こんな山に美女撃つって、何ドン?何ドン??

私ならまず、LINE聞くわよ! こんなアグレッシブな挨拶されても困るわよ❗️

撃ってから、女性の髪切るって、冥土へと片道切符と捉えられても仕方ないわよ。

ふふふ、といった感想を述べつつ、そろそろお別れの時間ね。

またどこかでお会いしましょう。



参考文献 ・柳田国男遠野物語 山の人生』(岩波文庫・1995)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ