出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪奇で奇怪なオカルレポート

不思議求む。オカルト探求家・ライターー怪奇で奇怪な謎でお困りならゴーストボーイまで❗️中立的な霊感0です。心霊 妖怪 UMA UFO UMA 超常現象など、ネットには載らない怪奇で奇怪なオカルト話を後世に語り継ぐため“謎ノート”に蒐集してます。さらにいわく付きな物も無料で回収中。そして、いつか謎本を出版するのが密かな野望。

【お化け屋敷】呪いの水櫛に逝った感想

お化け屋敷 レビュー 日常

あらこんばんは、最寄りの駅に不審者が出た未知子よ。

今回は独特の語り口調でお馴染みの人気企画、お化け屋敷シリーズよ。
今回、私の対戦相手は池袋に現れた水災と呼ばれている…ような気がする呪いの水櫛よ!

【呪いの水櫛とは】
池袋駅から徒歩8〜10分の所にある池袋サンシャインシティー水族館で期間限定という響きが印象的なお化け屋敷よ。 水族館とお化け屋敷の融合とは、やってくれるわね、お化け屋敷プロデューサー、五味弘文さん!

【入場可能時間】
18時30分より開始

【入場料金】
大人(高校生以上)2000円
子供(小中学生)1000円
幼児(4才以上)700円
シニア(65才以上)1700円


【注意点】
①むっちゃ混んでるわ…むっちゃ混んでるわ…逝くなら開場1時間前に集合することをオススメするわ。

ボッチ(未知子)で逝く人はあまり関係ないけど、集団で逝く人はお友達の所に割り込み戦法が使えないから気をつけてちょうだいね。

18時前は、普通の水族館しかやっていないのよ。

④なんと人数制限があるわ...。
選ばれし者だけがそのお化け屋敷に入ることが許されるのよ!
私はギリギリ入れたわ…。後5分来るのが遅かったら別の意味で泣いてたわ。
一体、私の後ろで何人泣いたことかしら…。

周りカップルがイチャイチすることによる精神的ダメージは計り知れない。

【感想】
このお化け屋敷の設定を確認するわ、しず子という女性が愛する男性からもらった櫛を海に落としてしまい、それを探すために海に潜ったものの、そのまま…。
それから、夜の水族館に出るようになった、っていう設定よ。


さて、そろそろ本題入ろうかしら、今回のお化け屋敷の超特徴的な所は音声案内機を利用している所よ!
bgmは海の音、ペン型音声案内機を指定されたボードをタッチするとこわ〜い話が流れる、っていう寸法よ。


恐怖はそこまでなかったわ。
その理由としては、周りにたくさんのお客様がいたことが原因よ。


そのためか、あまり恐怖を味わうことはなかったわ。
だから、逆転の発想でいうと、お化け屋敷初心者、子供なんかにはとてもオススメするわ。

お化け屋敷検定黒帯の人だと物足りないと思うはずよ。


絶叫度とは、一瞬叫んだりしてしまうことを言うのよ、お化け屋敷はここが命なのよ。
でも私が絶叫したのは、仕掛けに驚いたお客様の悲鳴に驚くという、超展開な絶叫だったわ。

私の前にいたお兄さんは、その悲鳴に腰抜かしてたわよ。


しず子がいたる所にいるわ。
子供の悲鳴はここがピークね。 目に見える恐怖は子供にとって恐怖ポイントってことよ。

夜の水族館とあって、お化け屋敷とは別に魚も観覧できるのは、一石二鳥ならぬ、一石ニ魚とはこのことを言うのね……。

お化け屋敷のラストはなぜか混んでいたわ。人がたくさんいたわ。

ドン引きするほどいたわ。

それとラストのネタバレは、並んでいる時点でバレバレなのは、頂けなかったわ。 横で来ると分かっているのに、どうリアクションすればいいのよ。 ムチャ振り感が半端ないわよ。

だって横から音が聞こえてるのよ。 好きなマンガで、もし『まさか、あいつが黒幕だったなんて驚きだよね?』 と、ネタバレ言ってくる友人に藁人形着払いで送ってやろう、って気持ちわかるでしょ?

最後にお化け屋敷出たら、こんな紙をいただいたの。

ふふふ、ええ待っているわよ。1時間コースで頼むわ。

【総合点】

恐怖度 (6)(20点中)
内容度(10)(20点中)
仕掛け度(10)(20点中)
絶叫度(8)(20点中)
その他(8)(20点中)

合計42


10月31日までやってるわ

じゃあ、また会う日まで、さようなら



【お化け屋敷シリーズ】

【赤ん坊屋敷】
http://tobari3209.hatenablog.com/entry/2016/08/13/233902

【観視カメラ】
http://tobari3209.hatenablog.com/entry/2016/08/26/154715


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ