出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怪奇で奇怪なオカルレポート

不思議求む。オカルト探求家・ライターー怪奇で奇怪な謎でお困りならゴーストボーイまで❗️中立的な霊感0です。心霊 妖怪 UMA UFO UMA 超常現象など、ネットには載らない怪奇で奇怪なオカルト話を後世に語り継ぐため“謎ノート”に蒐集してます。さらにいわく付きな物も無料で回収中。そして、いつか謎本を出版するのが密かな野望。

【妖怪和本】3万240円(税込)の妖怪和本『大江山千丈ヶ嶽 酒呑童子』

和本 伝承 妖怪

私の名前は未知子。クリスマスにも関わらず世間一般的にクリスマスぼっち、通称クリボッチという精神的苦痛から神保町で7万円を一人寂しく消費していた未知子よ。

【例の“ブツ”】
そんな神保町でとある“ブツ”を入手したわ。闇のルートとかそんな感じよ。コ⚫︎ン君の黒の組織的なあれね。
その“ブツ”の正体はーー『大江山千丈ヶ嶽 酒呑童子』という妖怪系和本よ。
書店に並んでない系の男子……じゃなくて、書店に並んでない系和本よ。
和本は神保町の古書店にある確率が高いわ。この和本は普通本より高すぎるのが壁ね。私の財布が減量成功だわ。不健康かッ!ってくらい軽くなったのは不思議だけど。
この和本はタイトルに書いてある通り税込価格3万240円という、240円がもがもがしい以外不満はなかったわ。
6桁の妖怪和本も見つけた。でもね次元が違い過ぎた。世の中、踏み込んではならない領域もあるものね。7桁って化物並みの値段も存在していたのだから。
出⚫︎杉君と、の⚫︎太君くらいレベルが違う。 でもこうゆう和本や資料は現存数が圧倒的に少ない。高いのはむしろ当然なのかもしれないわ。
和本だけでなく、掘り出し本は神保町にはあるはず。年末年始に行かれてみては?

酒呑童子
酒呑童子といえば大江山で暴れていた、鬼頭、鬼番長?のイメージがあるはず。でも元々は外道丸という人間だった。この頃からお酒が大好きだった模様。しかし、人間を襲い人肉をむさぼり始めてしまった。その後、外道丸は村を追い出され、大江山を住処とし、外道丸もとい酒呑童子として、言わずもがな大暴れし始めた。
酒呑童子の最期は源頼光と四天王の渡辺綱坂田金時卜部季武碓井貞光らと共に激しい激闘?により、【図3】のように首を斬られ退治された、めでたしめでたしという伝説が大江山には伝わっている。 この酒呑童子の首は、現在京都にある《首塚大明神》に埋められているという。

【図1】

【図2】

【図3】


《大谷書房》
【所在地】東京都千代田区神田神保町1-1
【アクセス】神保町駅より体感7分
【webサイト】www.ohya-shoving.com

あなただけの和本を探してみては?



【参考文献】
小松和彦(監修)『日本怪異妖怪大事典』(東京堂出版・2013)


【使用画像元URL】
『PAKUTASO』様 https://www.pakutaso.com/20150200034post-5128.html
よりお借りしました。




ご愛読者の皆様。たまたま迷い込んだ方々。今年もそんな方々に読んでいただき誠にありがとうございます。徐々にアクセス数が増えていくのが本当に嬉しかったです。
この『怪奇で奇怪なオカルレポート』も来年より4年目に突入致します。
石の上にも三年。何事も3年、ということを改めて実感しました。
皆さんは、何かを続けている事はありますか?
好きな事でもいいですし、日課でもいいです。続けてみるのも努力です。努力は才能だと思います。ですが、気分が乗らないこともあると思います。好きな事なのに好きじゃなくなる時もあると思います。
その“続ける”は休んでいいと思います。少しずつ続けることが“続ける”秘訣だと僕は思っています。“好き”や“続ける”から少し離れてみる事で、きっと違う世界が視えてくると思います。
そしたら、ふとまたやりたくなると思います。

ご愛読者の皆様、たまたま迷い込んだ方々へ、このブログを通して“何か”が伝わればと日々願っております。

それではよいお年を〜。
来年もよろしくお願いします。

《ゴーストボーイ》夜の帳


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ