出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルレポート

不思議求む。オカルト探求家・ライターー怪奇で奇怪な謎でお困りならゴーストボーイまで❗️中立的な霊感0です。心霊 妖怪 UMA UFO UMA 超常現象など、ネットには載らない怪奇で奇怪なオカルト話を後世に語り継ぐため“謎ノート”に蒐集してます。さらにいわく付きな物も無料で回収中。そして、いつか謎本を出版するのが密かな野望。

【緑風荘】君(座敷童子)の名は。

最近覚えたての好きな言葉があります。ゴリラ系女子です。
どうもこんばんは夜の帳です。

緑風荘

緑風荘をご存知でしょうか?座敷童子がよく出る旅館として岩手県では有名です。半年先まで予約が取れないとか。なんともワクワクしますな。最寄り駅は金田一駅から徒歩5分ほどです。

世界仰天ニュースでも取り上げられたこともありました。懐かしい。座敷童子の出現率が高い場所は床の間だそうですが現在はわかりません。ポケモンGのミュウツー並みにわかりません。きっと訪れた者にしかわからないんだと思います。

緑風荘は一度、火災が起こってしまったことがありますが、現在は再建して旅館経営を続けています。

それではじっちゃんの名にかけて!調べていきたいと思います。


君の名は。


一般的な座敷童子の風貌は、赤い着物におかっぱ頭。というイメージが強い。一方、緑風荘の座敷童子の風貌はどようなものだろうか。

五日市家当主・緑風荘主人の五日市栄一(68)によれば

「ただうちの座敷童子は白絹の着物を着て袴をつけ、オカッパ頭で高貴なりりしい顔だったんでやんすな。」(『女性自身』より抜粋)

五日市栄一(68)氏はたびたび、座敷童子を目撃していた。早稲田大学在学中だった栄一氏は夏休みに座敷童子を見ようと考えた。調査五日目、ついに事は動きだした。

「五日目には母親らしい亡霊と(座敷童子は)一緒でした。つかまえてやろうとしたんでやんすが、体が金縛りにあいましてな…」(同上)

五日市栄一氏は座敷童子を霊媒氏に霊視してもらったという。

霊媒師「母親の霊と一緒一緒にこの家に400年前から住みつき、6才で名を亀麻呂といい、藤原繁春の孫にあたる」(同上)

藤原繁春は五日市家の先祖である。南北時代の南朝の忠臣だったそうだ。

そんな霊媒師が描いた座敷童子が下の絵だ。当時、緑風荘の当主だった五日市栄一氏によれば「そっくりそのまま」だと取材に応えている。

月日は流れ、2009年10月4日、緑風荘で火災が発生。奇跡的に全員無事だった。宿泊客の話によれば子どもの声で「家事だー!家事だー!」と聞こえたため、火事に気付けたという。

一度、火災に見舞われながらも再建した緑風荘。代々、旅館の家長は必ず座敷童子を目撃していたといいます。亀麻呂は見守っているんだと思います。一度泊まってみたいものです。きっと亀麻呂は今日も緑風荘のどこかで遊んでいるのでしょうね。


参考HP「緑風荘 公式HP」http://www.zashiki-warashi.co.jp/map.html

参考雑誌『女性自身』(1977年9月29日発行)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ