出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルトレポート‼︎

オカルト探究家。古今東西、ありとあらゆる複雑怪奇な事象(オカルト/心霊/怪談/妖怪/UMA/UFO/超常現象/都市伝説/歴史/民俗/伝承/禁足地/etc…)に関する事柄を怪奇報告書として纏めています。不定期で更新していくので気長にお待ちください。Twitter(@nazoshinsi) にてオカルト情報・心霊体験・いわくつきな物など募集中です!

【怪奇現象】心霊写真バトルの元祖ホラゲー『零』シリーズに関するレポート

出典:零~zero~(Fatal Frame / Project Zero)のネタバレ解説まとめ | RENOTE [リノート]

『零』の怪奇現象

『零』シリーズ[注1]は霊を射影機[注2]で撮影しながら戦うスタイルを日本で初めて確立したホラーゲームである。『バイオハザード』シリーズにも引けを取らない。ホラーゲーム界のメイウェザーでもある。

『零』はメインストーリーがなんとなくわかるが、サイドストーリーは霊界ラジオや日記を入手することで浮き彫りになっていく。なので初見だとストーリーを完全には理解しづらい。クリア後にWikipediaピクシブ百科事典などのサイトを参照することを推奨している。

ゲーム制作過程で怪奇現象が起こったり、ゲームをプレイ中になんらかの怪奇現象に遭遇したなどとして有名。

[注1]これまでに『零〜zero〜』『零〜赤い蝶〜』『零〜刺青の聲〜』『零 〜月蝕の仮面〜』『心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜』『零 眞紅の蝶』『零 濡鴉ノ巫女』などがあり、『劇場版 零 ゼロ』や小説版『零 〜ゼロ〜 女の子だけがかかる呪い』としてシリーズが拡大している。なお筆者は『心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜』は未プレイである。

[注2]【射影機】幽霊を撃退することや、過去の思念を写真に写すことができる写真機。神秘科学者、麻生邦彦によって作られた。

本来、ホラー映画を撮影する場合お祓いをするのが暗黙の了解となっている。ホラーゲームの場合も例外ではない。だが柴田誠D(ディレクター)は…

「御払いしたら怖くないだろ? なにかあったら役得だと思え!」[注3]

柴田Dはとても情熱溢れるディレクターのようだ。Dの思惑通り怪奇現象が多発することなる。Dは自身の言葉で以下のような怪奇現象が報告されている。

⚫︎会社の蛍光灯が割れる[注3]。

⚫︎鞄の中に女性の髪の毛[注3]。

⚫︎2002年頃のこと、柴田D(ディレクター)の自宅に白い和服の女性が現れ、手を引っ張られたり、名前を呼ばれたりしたという[注3]。

⚫︎『零〜赤い蝶〜』の霊界ラジオ[注4]で「オニイチャン」という少女の声が収録されてしまう。柴田DはそのままGOサインを出した。

[注4]【霊界ラジオ】死者の声を聴くことができる鉱石ラジオとして登場。麻生邦彦によって作られた。正式名称は鉱石式異界電波受信機。

石ラジオのあるファイルで、組み込んでない、すごくリアルなうめき声が入ってしまったこと。   最初に聞いたときは、サウンド担当のすばらしい仕事に喜んだが、担当者は「この音は作ってな  いんですよ。昨日一晩、ずっと削除してるんですけど、どうしても消えなくて…」と怖がりながら話 していた。 まあ、本物OKなので、これもそのままにしておいた[注3]。

音量を上げれば聞こえるかも…かもしれないとのこと。なお筆者もゲーム内の霊界ラジオを聴いていたが、少女の声らしい声は確認できていない。

社内の人からも「あれは本当にあったの?」と聞かれたこともあるが、

本当にあった話です。 [注3]

[注3] 零〜紅い蝶〜・スタッフコラム・「ほんとうにあったはなし」 より参考、引用

零〜zero〜

出典:Amazon CAPTCHA

▲初代『零』は鬼畜過ぎることに定評がある。筆者は万葉薬や御神水などの回復薬を使い過ぎて、詰みゲーになりかけた過去がある。主人公の雛咲美紅は重度のブラザーコンプレックスである。ゲームの目的は、氷室邸で行方不明になった兄、真冬を探すことだ。氷室邸に巣食う霊や、縄の巫女”と呼ばれる悪霊が美紅の前に立ちはだかるのだった。果たして美紅は大好きなお兄ちゃんを連れて帰ることができるのだろうか⁉︎


〜赤い蝶〜

出典:Amazon CAPTCHA

▲ラスボスの名前は伏せるが、回復速度が速過ぎて、詰みゲーになりかけた過去を筆者は持つ。主人公は天倉 澪(みお)と繭(まゆ)の双子である。双子あるあるとしてたまに名前はどっちかわからなくなる現象に陥る。なお上位互換版に『零〜真紅の蝶〜』もある。ストーリーは、天倉澪が繭とはぐれてしまうため、繭を探すことになる。またしても射影機を武器に戦いに挑むことになる。無印版よりも前の時系列のため、こちらからプレイしても支障はない。


〜刺青の聲〜

出典:【楽天市場】【中古】零 〜刺青の聲〜:ゲオマート楽天市場店

▲筆者が一番最初にプレイした『零』シリーズ。主人公の一人、黒澤怜はフリーカメラマンである。アシスタントに少し大人になった雛咲美紅も登場する。夢と現実で起こる怪奇現象に遭遇する黒澤怜は“刺青の巫女”と呼ばれる悪霊が原因だと突き止める。果たして“刺青の巫女”を止めることが出来るのだろうか。
零〜刺青の聲〜』のEDテーマ、天野月子「聲」はシリーズ屈指の名曲なので聴いておくべし。

天野月子 聲 - YouTube


月蝕の仮面

出典:Amazon CAPTCHA

wii版初の『零』シリーズ。wiiならではの、ヌンチャクを利用した「霊石灯」が目玉武器となっている。メイン主人公の水無月流歌は子供時代に神隠しに遭い、記憶を失ってしまった。失った記憶の手掛かりを探しに、朧月島に向かうのだった。


〜濡鴉の巫女〜

出典:【楽天市場】【中古】零 〜濡鴉ノ巫女〜ソフト:WiiUソフト/アドベンチャー・ゲーム:ゲオマート楽天市場店 ▲シリーズ屈指の濡れ場[注5]。主人公の一人、雛咲美羽は雛咲美紅の娘である。若干グレている美羽は芸能事務所に所属している。零シリーズ初の水着撮影も行われている。彼女の生い立ちについて徐々に明らかになる。作中では腰ほどある水場を歩くことになる。服が濡れるとどうなるのかは言うまでもない。射影機は現役バリバリの働きを見せる。2014年のシリーズ最新作だが、続編の発表は未だない。次回作発表が待ち遠しい。

[注5]似たような作品にNieR:Automata(ニーア オートマタ)というPS4用ゲームがある。2017年の〈日本ゲーム大賞〉の優秀賞を獲得したゲームとして話題となった。

日本ゲーム大賞HP〉 受賞作品|日本ゲーム大賞

出典:受賞作品|日本ゲーム大賞 ▲ カメラ視点をローアングルにしてなんとしても、2B(トゥービー)のお尻を覗こうとするプレイヤーが続出。世の男性の性癖を歪めたアンドロイドとして名を馳せた。



【イラスト Aya 氏】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ