出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルトレポート‼︎

オカルト探究家。古今東西、ありとあらゆる複雑怪奇な事象(オカルト/心霊/怪談/妖怪/UMA/UFO/超常現象/都市伝説/歴史/民俗/伝承/禁足地/etc…)に関する事柄を怪奇報告書として纏めています。不定期で更新していくので気長にお待ちください。Twitter(@nazoshinsi) にてオカルト情報・心霊体験・いわくつきな物など募集中です!

『怪異妖怪記事資料集成』シリーズに関するレポート

『怪異妖怪記事資料集成』シリーズとは、湯本豪一先生が20年もの月日を掛けて明治期(約4300件)、大正期(約4400件)、昭和期(約4600件)の怪異や妖怪、オカルト、心霊、民俗、怪談、怪事件などに関する新聞の記事を網羅的に収録した、妖怪新聞の集大成ともいうべき大型本の総称である。

なお注意点として、劣化している箇所(文字潰れ、記事破損など)が複数あるため、頑張っても読めない記事がある。

ネットに載っていないような事件や事例、出来事が載っている。明治期にも怪異は民衆の心を虜にしていることがわかる。その時代独自の怪異が誕生し、記事として取り上げられている。例えば人魚や、件(くだん)、アマビコ などである。戦争や飢饉が起こり、社会不安が伺える。しかしながら、全ての妖怪、心霊話が与太話として断ずることはできないのも、また事実。この記事の中に、本物(リアル)が交じっているのかもしれないと思うだけで、胸の鼓動を抑えられない。

胸踊る見出しをいくつか紹介


「娘、狗子を産む」「魚が降ってくる」「化物を見た」「家が迂鳴(うな)り出す」「大沼に怪魚現る」「呪われた家」「死霊の祟る家」「化物屋敷」「幽霊に意見した中尉の話」「福岡市近郊の幽霊事実譚」「狐の子を産む −半身は人間半身狐体–」「不思議なる人間」「舞台から幽霊」「アリエ」「尼彦」「人の言葉を話す犬」「机から火の玉」「不思議な仙術 –仙術に名を得し雷雨仙人–」「幽霊退治請負所」

▲全六巻あり、内訳として明治期一巻、大正期上下巻、昭和期は上中下巻である。一冊一冊が分厚い。兎に角分厚い。総重量約30㎏(=1冊約5kg×6冊)。ほぼ持ち運び不可能型書籍とも言える。

出発社は値段が鬼畜(学術書のため)なことで定評のある国書刊行会である。学生や学生経験者ならば、一度は目撃する。

編者は民俗学者、日本風俗史家、怪異・妖怪資料研究家などの肩書きがある湯本豪一(ゆもと こういち)先生である。法政大学大学院修士課程修了し、川崎市市民ミュージアムに従事し、最終的に学芸室長となった。現在は前述のような学者としてトークイベントなどでも活躍している。主な著書に『妖怪百物語絵巻』や『日本幻獣図説』、『図説江戸東京怪異百物語』、『今昔妖怪大鑑 湯本豪一コレクション』などがある。

筆者が購入したのは、古本専門のネット通販「日本の古本屋」、密林王「Amazon」、オカルト系古書店「オカルト古書店ナインブリックス[注1] 」さんである。

[注1]【住所】神奈川県横浜市中区日ノ出町2-110-1 ミリカステーロ横濱南アビターレ1階。最寄り駅は京急本線、日ノ出町から徒歩3〜5分程度。

【営業時間】 火曜日 11時〜20時
水曜日 15時〜20時
木曜日 11時〜13時
金曜日〜日曜日は11時〜20時

定休日は月曜日、第三土曜日だそうだが、営業時間の変更も考えられるので、公式HP「ナインブリックス|横浜市で古本買取、販売なら」やTwitter (@ok9bricks)を事前に確認しておくことをお勧めする。

「日本の古本屋」で偶然、12万の『昭和戦前期怪異資料集成』を発見し、速攻でカートにぶち込んだ。「amazon」では新品の『大正期怪異資料集成』9万7200円で購入。ナインブリックスさんでは中古の『明治期怪異資料集成』を4万ほどで購入できた。

ちなみにブックオフオンラインではもっと安く売っていたが、既に買われてしまっているため、現在中古価格で購入はできない。安価購入するには、日々ネット通販サイトをチェックすることが必要不可欠なのである。

平成も、もうじき終わる。

消費税10%前に購入するなら、まだ間に合う。

買う価値は十分あるはずだ。

おまけ

『明治期怪異資料集成』の紙表紙と本表紙



『大正期怪異資料集成』の紙表紙と本表紙



『昭和戦前期怪異資料集成』の紙表紙と本表紙




【イラスト ao氏】

にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ