出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルトレポート‼︎

怪奇で奇怪なオカルト求ム。不偏不党のオカルト探求家です。古今東西、ありとあらゆるオカルト事象(心霊/怪談/妖怪/UMA/UFO/超常現象/都市伝説/歴史/民俗/伝承/世間話/etc…)に関する調査・蒐集・記録・発信中です。【実績】『実際にあった怖い話 2020年1月号』(大都社)で漫画化して頂けました!

【ホラー映画の感想】清水崇監督最新作『犬鳴村』に関するレポート ★ネタバレ全開 ★

【注意】このレポートはネタバレ全開なので、「まだ観てないよ!」って方はブラウザバック推奨です。

清水崇監督『犬鳴村』の概要

「犬鳴村」とは、福岡県に実在する心霊スポット「犬鳴トンネル」を抜けた先にあると言われている都市伝説的な村落である。村の入り口には「この先、日本国憲法通用せず」と立札が置かれていると言われている。清水崇監督『犬鳴村』は、この「犬鳴村伝説」や「犬鳴トンネル」を題材としたホラー映画である。2020年2月7日公開された。

清水崇監督『犬鳴村』の感想

2020年2月23日時点で、映画評価サイト犬鳴村 : 作品情報 - 映画.comで5点中2.6点だったので、『犬鳴村』正直めちゃくちゃ不安でしたが、杞憂に終わりました。『犬鳴村』は民俗学っぽく、ヌメヌメした感じのホラー映画で個人的には面白かったです。タイムリープ(時間超越的展開)や、犬女(狼女?)化なども特に気にならなかったですし。ただ、正直、主人公である森田奏(三吉彩花)が犬鳴村に殴り込みに行くまでが長く感じました。もう少し、犬鳴村を散策するシーンを多くしても良かったんじゃないかな…とも思いました。

僕も物語の内容を完全に理解した訳ではなく、いくつか疑問に思う所もありました。①本当に籠井摩耶(宮野陽名)は犬と交わったのか?②ラスト、主人公である森田奏はなぜ犬化したのか?③遼太郎(笹本旭)のオチの意味。僕はこの3つが特に疑問に思いました。

やっぱり①はストーリー的に摩耶は犬と交わったんだと思います。でもそこでふと疑問が浮かびました。犬と交わって、摩耶の娘である耶英(水木薫)に霊能力とか目覚めるものなのでしょうか?いくつか理由を考えてみました。犬が何か特別な存在だった可能性です。これはそんな描写はないため、ただのワンコだと思います。次に摩耶には元々、霊能力があったのではないか?同じくそんな描写は無かった気がしますが、可能性は否定できません。おそらく可能性として高いのは異種族(人間と犬)間の交わりにより誕生した存在である耶英だからこそ、霊能力(+犬化能力?=姿形は人間でも実質、半人半獣ということ?)が備わったのではないでしょうか。民俗学では言う「異類婚姻譚(または異類求婚譚)」に近いのかもしれません。つまり、綾乃(高島礼子)や悠真(坂東龍太)や康太(海津陽)も覚醒していないだけで霊能力があるんだと思います。綾乃はもしかすると、夫の晃(高嶋政伸)に嫌われないようにするために霊能力を隠していたのかもしれませんが…。色々考えてみたものの、結局、ホラー映画の細かい事はツッコんではいけない気がしてきました笑。②と③は正直、分かりません。でも②は、遼太郎の「ママがもう一人のお友達にもよろしくね」(確かこんな感じ)的な発言から、摩耶が奏に取り憑いたのかなと思ったりもしました。他に奏の母である綾乃も犬化していた描写があるので、血筋による犬化も考えられますが…。③も遼太郎と、遼太郎の本当の母親も犬鳴村(摩耶以外)の血筋が入っていたというオチだったのでしょうか?遼太郎と奏は霊能力がある。つまり犬鳴村の血筋には霊能力の素質がある?? ……うん分からん笑
考察サイト巡りでもしよう。

あとTwitterで話題になっていたエンドロールで、コンクリートの隙間に女の顔?が映り込んでいると聞いて、ガン見していたのですが、ちょっとよく分からなかったです笑。地上波で放送されたらまた観てみようと思います。『犬鳴村』個人的には面白かったので、別の都市伝説もぜひ映画化してもらいたいです。

参考文献

◆朝里樹(2018)『日本現代怪異事典』笠間書院、49〜50頁

民俗学研究所[編著]、柳田国男[監修](1976=1951)『民俗学辞典』東京堂出版、44〜45頁

映画『犬鳴村』公式サイト


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ