出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルトレポート‼︎

怪奇で奇怪なオカルト求ム。不偏不党のオカルト探求家です。古今東西、ありとあらゆるオカルト事象(心霊/怪談/妖怪/UMA/UFO/超常現象/都市伝説/歴史/民俗/伝承/世間話/etc…)に関する調査・蒐集・記録・発信中です。【実績】『実際にあった怖い話 2020年1月号』(大都社)で漫画化して頂けました!

【疫病退散】アマビエ、タオル業界に進出するってよ🍤

f:id:tobari3209:20200617090053j:plain

アマビエとは

アマビエタオルが我が家にやってきた。今、世間で話題のアマビエをご存知だろうか。アマビエとは1846(弘化3)年4月中旬の木版画(図1)に記された怪異(妖怪)である。とある役人が肥後国(現在の熊本県)の海より出現したアマビエに遭遇したという。その姿はまさに異形。人形を思わす風貌、長い髪、尖った嘴(くちばし)。アマビエは役人に「当年より6ヶ年は豊作となるが、もし流行病が流行ったら人々に私の写しを見せるように」(『改定・携帯版 日本妖怪大事典』38頁より引用)と予言し、海へと消えたという。役人はその内容を広め、アマビエを描いた創作作品が増加した。時は流れ、2020(令和2)年現在、新型コロナウイルスの猛威が世界中を襲っている。同年2月27日に、Twitter では「#アマビエチャレンジ」などのハッシュタグとともにアマビエに関する創作作品が投稿されるようになり、コロナ終息祈願ブームに火がついた。アマビエタオルもその影響を受け、製造された。アマビエは疫病という存在に打ち勝つためのヒーロー……すなわち希望的象徴または救世主的存在(キャラクター)となった。新型コロナウイルスの早期の終息を願うばかりである。

【図1】アマビエの木版画 f:id:tobari3209:20200617092404p:plainアマビエ - Wikipediaより引用。現在は京都大学附属図書館に収蔵されている。

参考文献

◆善養寺ススム/文絵・江戸人文研究会/編(2015)『絵でみる 江戸の妖怪図鑑』廣済堂出版、42頁
◆村上健司/編著・水木しげる/画(2015)『改定・携帯版 日本妖怪大事典』角川文庫、38〜39頁


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ