Nightfall

オカルト懐疑論。超常現象を調べたり、文献レビューしたり、オカルトニュースを紹介したり。

“宇宙人に注意”の標識を現地調査

図1.左の写真:「宇宙人に注意」の看板。右の写真:看板を設置した建物。
  東京都小平市上水新町に「宇宙人に注意」の標識がある。ブログでも紹介されており、興味を持った。
  現地調査日2024年5月9日木曜日。天気は晴れ。西武国分寺門線鷹の台駅から徒歩10分。近くには武蔵野美術大学鷹の台キャンパスもある。閑静な住宅街の少し入り組んだところにある銀色の建物の敷地内に件の標識が設置されていた。ひし形の中に典型な宇宙人の顔がある。銀色の建物には螺旋状の階段があり、表札などはなかった。
  過去に宇宙人に関する事件があったのだろうか。周辺住民に聞き込みをした。要約すると、宇宙人による事件はなかった。現在は空き家になっており、その入居者が設置したという。なぜ、制作されたは不明だった。周辺住民はあまり宇宙人注意の標識は関心がないようだった。宇宙人マニアは興味津々だろうが…。
 この標識はおそらくアート作品のような物かもしれない。可能ではあれば制作者にも話を伺いたかった。

人体消失?スカーレット・ヨハンソンの背後から消える黒衣の女性

図1.スカーレット・ヨハンソンの背後から消える黒衣の女性。(@crazyclipsonly, 2024)
  驚愕映像系の切り抜き動画をアップロードする X(ツイッター)のフォロワー数314.6万 以上のアカウントCrazy Clipsのとある投稿(図1)が、人体消失系の超常映像ではないかと話題になっている。2024年4月11日時点で6,791万件のインプレッション、1.4万リポスト、18万いいね、4370コメントされている。その映像を視聴すると女優のスカーレット・ヨハンソンの背後にいる黒衣の女性が消失していた。コメント欄では超常映像に対して、賛否両論である。ちなみにスカーレット・ヨハンソンは2021年に公開された『ブラック・ウィドウ』で主演を務めた。
 検証結果から述べると視覚的誤認である。既にリプライでは別アングルの映像が投稿されている(@lyvantuong1986, 2024)。この別アングルの映像はgettyimages.esが提供しているものだと判明した(WireImage House. 2006=2007)。撮影背景として2006年のゴールデン・グローブ賞のレッドカーペットでのインタビュー時のものである(Hollywood Archives2006)。確認すると黒衣の女性がスカーレット・ヨハンソンの背後を通過しており、消失していなかった(WireImage House,2006=2007)。偶然、スカーレット・ヨハンソンと男性が視覚的に壁になったと結論付けて良いだろう。
 今回の検証では別アングルの元映像探しが難航した。今後も画像検索の精度を向上させていきたい。

参考文献
 Hollywood Archives. 2006. 'Weinstein Golden Globes Party 2006' Red Carpet. Youtube. https://www.youtube.com/watch?v=7vvEjMMipq4. 最終閲覧日2024年4月11日.
 WireImage House. 2006=2007. Weinstein Company and Glamour Magazine 2007 Golden Globes Party. https://www.gettyimages.es/detail/v%C3%ADdeo/scarlett-johansson-at-the-weinstein-company-and-v%C3%ADdeos-de-noticias/75798886. Getty Images. 最終閲覧日2024年4月11日.
 @crazyclipsonly. 2024. A woman completely disappears behind Scarlett Johansson on the red carpet. https://twitter.com/crazyclipsonly/status/1744821280455475264. X. 2024年4月11日
  @lyvantuong1986. 2024. Replying to kation1978 here’s the other video with a different camera angle. X. https://twitter.com/lyvantuong1986/status/1744835240403861674. 最終閲覧日2024年4月17日

UFO?東京タワーで撮影された白い発光体

図1.UFO?東京タワーで小林清美氏が撮影。(フジテレビ2024)
 2024年4月10日、フジテレビ系列「奇跡体験!アンビリバボー」では世界中で撮影されたUFO映像が紹介された。さらに番組内では3人のUFOコンタクティー(UFOを呼べる人?)に協力を要請し、UFOを呼び出そうとする検証も行われた。
 UFOコンタクティーの一人、シンガーソングライターの小林清美氏が東京タワーで謎の発光体を撮影したことを告白している(図1)。これは写真左側からの強烈な照明によるレンズゴーストだと考えられる。UFOデバンキングのスペシャリスト雅氏は光源と発光体が対称になっていることを明らかにした(@UFOjikenbo, 2024)。既に90年代から類似の事例が報告されており、東京タワー周辺でのUFO誤認は珍しくない(志水1990, 54-60)。

参考文献
フジテレビ. 2024. 奇跡体験!アンビリバボー/UFO&未来から来た男!?&英国最大のえん罪事件SP. https://tver.jp/live/simul/lenuzkmp5d. 最終閲覧日2024年4月10日
志水, 一夫. 1990. UFOの噓. データハウス
@UFOjikenbo, 2024, 小林清美さんが撮った東京タワーのUFO写真ってのは左下にある街灯の光がレンズ内で反射したレンズゴーストです。スマホで生じやすいんでみんな撮れます。#アンビリバボー, X, 最終閲覧日2024年5月5日