出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルレポート

不思議求む。オカルト探求家・ライターー怪奇で奇怪な謎でお困りならゴーストボーイまで❗️中立的な霊感0です。心霊 妖怪 UMA UFO UMA 超常現象など、ネットには載らない怪奇で奇怪なオカルト話を後世に語り継ぐため“謎ノート”に蒐集してます。さらにいわく付きな物も無料で回収中。そして、いつか謎本を出版するのが密かな野望。

【公園様】「カレーやるから……髪よこせえええ!」虚構は現実へ、都市伝説化した化け物ーー公園様!

迷惑メールに返信したら迷惑がメール増えました。どうもこんばんは夜の帳です。


公園様

「スパイスが香る夕暮れ時、公園様は現れる」

公園様をご存知でしょうか。僕もその噂を耳にしたのは最近です。埼玉県某公園で囁かれている都市伝説であり、最近では全国の公園でも目撃されているそうです。


まずはツイッターなどで情報収集してみることにしました。そしたら出るわ出るわ出るわ。公園様の目撃情報や似顔絵(イラスト)がたくさん貼られていました。




公園様の特徴は剥き出しになった頭皮。虚空の瞳。どことなく河童に近い雰囲気。まさに禍々しさを隠しきれていない狂気の塊です。最大の特長は右手に柄杓、左手にはデカイ鍋。鍋の鍋にはグツグツとクリーミーなカレーが煮込まれてあります。柄杓でカレーをすくって襲い掛かってくるんだみたいです。

夕暮れ時、1人で公園にいると現れるそうです。(最近では彼氏と公園デート中に襲われるという被害も報告されている。)


公園様に出会った人の証言は微妙な違いはあるものの

「カレーやるから髪よこせ。カレーやるから髪よこせ。カレーやるから髪よこせ。カレーやるから髪よこせ。カレーやるから髪よこせ。カレーやるから髪よこせ」

このような問い掛けが延々と続く、というのは共通しています。もし答えなかった場合は髪をモギ取られ、剥き出しになった頭皮にカレーをかけてくると言われています。(公園様にも良心があるのかモギ取った頭皮に絆創膏を貼るようにお札を頭皮に貼ってくれる。)

なんとか逃げ延びたとしてもカレーに対する恐怖心、トラウマからカレーを見ただけ精神が保てなくなるといった症状が報告されています。(中には狂気的までにカレーに依存する者も少数ながら報告されている。)

その正体は未だ謎に包まれています。説は様々あり、オカルト否定派からは「ただの変質者」「変態」ではないかと言われています。しかし、公園様を目撃した人々は口を揃えて言います。
「公園様は絶対にいる…」

そこでつぶやきを色々まさぐったところ。とある「つぶやき」の後に「公園様」の目撃情報が一気に増えていたことに気がついた。

全てのはじまりはこの呟きだと考えられます。
このつぶやきが惨劇のはじまりとなるとは誰も思いもしなかった。



公園様
撃退方法

この凶悪な都市伝説に対抗する手段がないのか探しました。前田さんのことです。弱点の100個くらい設定を作っているはずです。


一つは公園様が現れたら「私の薄味が好みです」という方法。もう一つは、前田さん(のおばあさま)によれば持国天の加護を受けた呪文である「護持打辻(ごじだつじ)」と唱えれば公園様は闇の世界へ消えるそうです。今のところ2つしか撃退方法は確認できないですが、これからたくさんの目撃情報が増えれば撃退方法も見えてくるかもしれません。

そもそも、なぜおばあさまは「公園様」や「呪文」を知っていたのでしょうか。公園様の秘密を何か知っていたのかもしれませんね。おばあさまも遭遇していたのでしょうか、公園様に。



公園様の正体


公園様の過去に関するつぶやきもしていました。おばあさまが撃退呪文を知っていたということは、この文献の存在も知っていたのでしょうか。知っていたとしたら、幼き頃の前田さんに話をしていたとしてもおかしくありません。おそらく前田さんはこのおばあさんの話を元に呟怖の投稿をしたと思われます。

都市伝説、怪談、怪異などは語られる事で、不特定多数の人に認知され実在しなくても、存在することができます。この理論で生まれたのだとだとしたら、間違いなく公園様は都市伝説化するでしょう。僕達は都市伝説の過程を目撃しているのかもしれません。



公園様の情報
ーまとめー


●公園様撃退方法は「カレーは薄めが好きです。」又は「護持打辻」と唱えるべし。まだ実証されてはいないが髪に執着している事から髪の塊を献上するのも効果あるのではないだろうか。

●髪をモギ取った頭皮にお札を貼る行為をしていることから、公園様にも良心があるのではないだろうか。

●公園様は全国の公園で目撃されている。逆に言えば公園を撤去すれば公園様という都市伝説は消滅する。

●公園様は公園の数だけ存在する。

●公園様の正体は、戦後、進駐軍のカレーを盗んだ男。男は罰として坊主にされることになるが、手元が狂い頭皮がモギ取れてしまった。そのため頭皮に異常な執着がある。(なぜ公園様なのかは不明だが、公園で亡くなったのではないだろうか)

●公園様は複数人でいても現れる。だが現れる確率は低く、高確率で遭遇するのは1人のときだと考えられる。

●なぜ前田氏の祖母は公園様を知っていたのかは根拠不十分で不明(祖母もかつて公園様を撃退させた可能性がある。)

●公園様(カレーを盗んだ男)は2017年9月7日まで都市伝説化するほどの認知度はなかった。原型となる話は存在していた(祖母から聞いたのか?)。9月8日、そのイマジネーションを元に前田氏はそれを呟怖に投稿した。(この時点では、前田氏は創作のつもりだった。)この投稿が公園様誕生のキッカケとなる。SNSの相乗効果もあり、急速に都市伝説化した。

おわりに

前田さんは思いもしなかったでしょう。まさか冗談で作った都市伝説が、まさか現実のものとなってしまうなんて。これからも被害は拡大の一途を辿るでしょう。もう手に負えません。一体一体倒すことができても、公園があれば何度でも蘇る……まさに不死身。
前田さんはトンデモない都市伝説、いや……化け物を生み出してしまったのかもしれません。




狂気に飲まれかかっているのか、前田さんのつぶやきも若干狂気に満ち始めています。

前田さんはオカルト探偵を営む八八さんに依頼していたそうですね。
公園様に遭遇し、数日間音信不通だったという八八さんは無事生還したとのこと。本当に良かったです。本人も危険な仕事だった述べています。

皆さんも公園を通る際はお気をつけ下さい。カレー片手に公園様があなたの髪の毛を求め、彷徨い歩いているかもしれません……。

【イラスト】オカルト探偵・八八
「カレーやるから……髪よこせええええ!」


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【おばけ屋敷】ホラー水族館《あやかしの人魚》、探している相手はあなたかもしれない。ーーいいえ、人違いです。の見所

私の名前は未知子。歯が大量に抜ける夢を見て、テンション低めな未知子よ。

《あやかしの人魚》
ー概要ー

《あやかしの人魚》はホラー水族館よ。場所はJR池袋駅東池袋駅から徒歩10分ほどの所にあるサンシャイン水族館よ。9月28日(木)より開催されているわ。
この水族館を企画したのはおばけ屋敷プロデューサー五味弘文さん。前回もこのサインシャイン池…で、ホラー水族館第1弾《呪いの水櫛》編のプロデュースもしていたのよ。もちろん第1弾は攻略済みよ。



入館料大人2,200円学生(高校生以上)は1,800円。子ども(小中学生)は1,200円。幼児は700円。大人っていつから?って言ってるうちは精神年齢が子どもよ!

ペア3,500円。ふふふ、これはカップル専用の制度という事かしら。あぁ〜なるほど、世界を敵まわすということね(注:違います。)。私がたぶん来来来世くらいに使う制度ね。当日券だと不安で夜も10時間しか寝れないお〜というお方は予約券をオススメするわ。



ネタバレしない
ようにしつつの
見所ポイント

①瑞々しい人魚
人魚のクオリティーがとにかくすごい。リアル過ぎるわ。ジャパニーズ人魚って感じ。都市伝説のアレに似てるのよね。顔面がとにかく都市伝説のアレなのよ。アレに似てるのよね。インスタに上げたいけど、撮影禁止よ。でもインスタに上げたら「100良きかな」くらいイクと思うわ👍


②立体音響
前半はイヤホンを装着しての徘徊よ。人魚の手と呼ばれるイヤホン付きタッチペンを使用していくの。人魚の手の要素が皆無なのは大人の事情よ。途中イヤホンをしていないにも関わらず、頭に語りかけるようなシチュエーションになるわ。えっ??私もしかして超能力開花した??みたいになるけど…。断言するわ…開花してない!
ここからこのホラー水族館の真の姿を現すわ。


③秩序あるホラー水族館
前回の《水櫛の呪い》は、大量の人が流れ込むという自体に陥ったため、お世辞にも怖いと呼べる代物ではなかったわ。でも今回は18時、18時30分、19時、と回ごとに入れる人数を制限することにより、秩序あるホラー水族館へと昇格したのよ。ファストパス的なノリね。それによって入れる人数が若干少なめな気がしたわ。
それでも館内は渋滞してしまうのだけれどね…。


目玉親父?ドリンク

とにかく目ん玉よ!目ん玉!鬼太郎目玉親父みたいなのが販売されているのよ!興奮せずにはいられない。それが人間よ!インスタ厨よ、今こそ逝く時よ!
販売店名は《カナロアカフェ》よ。ちなみに《カナロアカフェ》をガングロカフェと呼び間違えた事はここで謝罪するわ…。とりあえず遅い時間帯に遊びに逝くと売り切れor閉店という緊急事態に陥るわ。しくじり先生よ!


点数

恐怖度 (15)20点中
内容度(12)20点中
仕掛け度(18)20点中
オススメ度(18)20点中

その他(19)20点中

合計点数はなんと…

84点!

このおばけ屋敷シリーズで最高得点じゃないかしら。

怖かったあああ!凄い怖かったあああ!

あんなに周りに人がいるにも関わらず、ギョェェェ!って叫んでしまったわ! 周りに人がいるから、通路が詰まってしまうのは致しかないと思うけど、それでも普通に怖い…というか面白かったわね。凄い斬新な仕掛けとかあったし。

《あやかしの人魚》は今年の11月5日までやっているそうよ。でも開場時間が4時間と短めでしかも、当日券の早い時間帯は売り切れ必須よ。なるべく早く来た方が良いわ。じゃないと何時間も待ち刑に処されるわ。来るときは早めに行くことをお勧めするわ。

このホラー水族館はぜひ遊びに逝くのをオススススメするわ。久しぶりに面白いおばけ屋敷だったわ。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【駒込お化け市】妖怪「見越し入道の首』の木乃伊(ミイラ)?に一目惚れしたので購入した件

トイレをしていたら、見たことない量の出血を経験しちゃいました。
どうもこんばんは夜の帳です。

見越し入道

先日、駒込お化け市へ遊びに逝ってました。ごほんごほん、行ってました。なんとそこで木乃伊(ミイラ)を見つけてしまったんですよ。エジプトのミイラとかじゃござんせんよ。

「え?」って、そんなピュアな眼差しでガン見しないで下さい。死んだ魚のような目で見ないで下さい。

ようするに妖怪の木乃伊(ミイラ)を見つけてしまい、購入したのです。一目惚れってやつですね。自分を抑えられなかったといいますか。世界情勢的に購入してしまいました。ごめんなさい。3000円(たぶん)くらいで購入できました。(軽く記憶喪失なう)お手頃価格ですね。PS4よりは安いと思います。まぁ持ってないんでわかりませんがね(ドヤァ)。

見て下さい。ブラック企業の残業代が出なかった時のようなこの表情。デートで首を長くして待ち過ぎた哀愁感。どこか人を惹きつけているのです。一家に一台欲しいってこのことを言うですね。

このハイクオリティーな妖怪を木乃伊を販売していたのは 妖怪造形家として活動していらっしゃる式水下流さんです。

河童の手足や、鬼の頭なんかも販売していました。あと絶版した妖怪本なんか仕入れておりました。かなりサービスしてもらちゃいました。

鳥山石燕画図百鬼夜行全画集』より

ちなみに見越しとはこんな妖怪です。見越し入道や高坊主とも呼ばれていたりします。長野県に伝承する妖怪です。道端で遭遇し、みるみる強大化すると言われています。個人的には幼女を陰ながらストーキングする、変質者のオリジン(原点)じゃないかなと考察しております……冗談です。

駒込お化け市はお化け版のコミケみたいでしたね。来年も駒込妙義神社で開催されると思うので、妖怪の木乃伊を購入したいな〜と思ったそこのお方!ぜひ遊びに逝ってみて下さいな。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【緑風荘】君(座敷童子)の名は。

最近覚えたての好きな言葉があります。ゴリラ系女子です。
どうもこんばんは夜の帳です。

緑風荘

緑風荘をご存知でしょうか?座敷童子がよく出る旅館として岩手県では有名です。半年先まで予約が取れないとか。なんともワクワクしますな。最寄り駅は金田一駅から徒歩5分ほどです。

世界仰天ニュースでも取り上げられたこともありました。懐かしい。座敷童子の出現率が高い場所は床の間だそうですが現在はわかりません。ポケモンGのミュウツー並みにわかりません。きっと訪れた者にしかわからないんだと思います。

緑風荘は一度、火災が起こってしまったことがありますが、現在は再建して旅館経営を続けています。

それではじっちゃんの名にかけて!調べていきたいと思います。


君の名は。


一般的な座敷童子の風貌は、赤い着物におかっぱ頭。というイメージが強い。一方、緑風荘の座敷童子の風貌はどようなものだろうか。

五日市家当主・緑風荘主人の五日市栄一(68)によれば

「ただうちの座敷童子は白絹の着物を着て袴をつけ、オカッパ頭で高貴なりりしい顔だったんでやんすな。」(『女性自身』より抜粋)

五日市栄一(68)氏はたびたび、座敷童子を目撃していた。早稲田大学在学中だった栄一氏は夏休みに座敷童子を見ようと考えた。調査五日目、ついに事は動きだした。

「五日目には母親らしい亡霊と(座敷童子は)一緒でした。つかまえてやろうとしたんでやんすが、体が金縛りにあいましてな…」(同上)

五日市栄一氏は座敷童子を霊媒氏に霊視してもらったという。

霊媒師「母親の霊と一緒一緒にこの家に400年前から住みつき、6才で名を亀麻呂といい、藤原繁春の孫にあたる」(同上)

藤原繁春は五日市家の先祖である。南北時代の南朝の忠臣だったそうだ。

そんな霊媒師が描いた座敷童子が下の絵だ。当時、緑風荘の当主だった五日市栄一氏によれば「そっくりそのまま」だと取材に応えている。

月日は流れ、2009年10月4日、緑風荘で火災が発生。奇跡的に全員無事だった。宿泊客の話によれば子どもの声で「家事だー!家事だー!」と聞こえたため、火事に気付けたという。

一度、火災に見舞われながらも再建した緑風荘。代々、旅館の家長は必ず座敷童子を目撃していたといいます。亀麻呂は見守っているんだと思います。一度泊まってみたいものです。きっと亀麻呂は今日も緑風荘のどこかで遊んでいるのでしょうね。


参考HP「緑風荘 公式HP」http://www.zashiki-warashi.co.jp/map.html

参考雑誌『女性自身』(1977年9月29日発行)


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

【おばけ屋敷】《東京タワーに届いた柩(ひつぎ)》に誕生日で遊びに逝く人0人説

私の名前は未知子。誕生日だというのにお化け屋敷に遊びに逝く未知子よ

東京タワーに
届いた柩(ひつぎ)
ー概要ー


《東京タワーに届いた柩》は東京タワーの地下1階で期間限定で行われているお化け屋敷の名称。……期間限定よ!期間限定。


最寄り駅は、都営大江戸線赤羽橋駅日比谷線神谷町駅都営三田線御成門駅都営大江戸線、浅草線大門駅、JR浜松町駅。とりあえず迷っても東京タワーを目指しなさい。10分くらいで着くからたぶん大丈夫よ……たぶん。


営業時間昼12時から夜9時。9時間労働確定のお化け屋敷だというのが第一印象だった。


入場料金は子供600円、大人900円(中学生以上)
中学生以上は大人という社会の現実を叩きつけている光景はまさに匠の技と言える。

以下の項目で見所を列挙していく。ネタバレという大罪は犯さないから安心してスクロールして欲しいわ。

見所
(ネタバレなし)


ウォークスルー形式アトラクション
格好良い横文字だけれども「普通に歩く型のお化け屋敷」なのは触れないでおこう。
このお化け屋敷の所要時間は「あなた次第」などという斬新かつ曖昧な表現がされている。胡散臭い健康食品の一般モニター意見の「効果には個人差があります」的な名シーンを彷彿とさせる。

つまり10分で終わる人もいれば、60分も掛かる人がいるということね。


幼稚園女児が怖くて中に入れないレベル
前に並んでいた子連れ3人家族。しかし中に入った瞬間に幼稚園児くらいの幼女が出てきてしまった。幼女は怯えながら階段に座り込んでしまう。それを見兼ねた両親はお化け屋敷に入らないという選択をする。
時には逃げてしまう事もあるかもしれない。でも恥じることなんてない。人は逃げる事で成長する生き物でもあるのだから。次はもう少し大きくなったら挑戦してちょうだい。お化け屋敷はいつまでも待っているわ。


暗さ増し増し
とりあえず暗いというのが印象的だったわね。途中壁にぶつかる事もあるけど、それがまた恐怖を感じた演出なのだと私は解釈するわ。壁にぶつかって歯を折らないように気をつけてちょうだい。

蝋人形がメインテーマ
「その蝋人形は生きている」というのがこのお化け屋敷のキャッチコピーらしいわね。机に置かれていたチラシに書かれていたから。このストーリーを一言でいうならば「蝋人形マジこえぇ」かしら。一体どのように恐怖に落とし入れてくれるのかは逝ってからのお楽しみよ。


インスタ映え

総得点

恐怖度 (14)20点中
内容度(10)20点中
仕掛け度(9)20点中
オススメ度(13)20点中

その他(12)20点中

小学生くらいならたぶん耐えられるレベルのお化け屋敷だったと思う。私も久しぶりに「ひゃえッ」と言ってしまったわ。
これは言い訳でもないでもないのだけれども。私は久しぶりにお化け屋敷に行った訳であり、決して恐怖耐性が鈍っていたという訳ではない訳であり(以下略

100点中 68点。

お化け屋敷は9月3日までやっているようね。
この夏最高の絶叫があなたを待っている。(キマッたかしら…)



にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ