出会い
アクセスカウンター
アクセスカウンター
犬用食器通販チャットレディー出会い系サイトメル友出会いテレクラ出会いメル友出会いテレクラ・ツーショットダイヤルのハニートーク

怪奇で奇怪なオカルトレポート‼︎

怪奇で奇怪なオカルト求ム。不偏不党のオカルト探求家です。古今東西、ありとあらゆるオカルト事象(心霊/怪談/妖怪/UMA/UFO/超常現象/都市伝説/歴史/民俗/伝承/世間話/etc…)に関する調査・蒐集・記録・発信中です。【実績】『実際にあった怖い話 2020年1月号』(大都社)で漫画化して頂けました!

【霊界ラジオ】P-SB7スピリットボックス(Spirit Box)に関するレポート

f:id:tobari3209:20201029201033j:plain

P-SB7スピリットボックス

P-SB7スピリットボックス(Spirit Box)はFM周波数スイープ法によって、無線周波数または「ホワイトノイズ(TVの砂嵐みたいな音)」をスキャンして、幽霊の声を可聴化する調査ガジェットである。まさに霊界ラジオといえよう。

主に日本国外の超常現象研究家が活用している。例えばザック・バガンズ(Zak Bagans)はディスカバリーチャンネルで放送されている超常現象ドキュメンタリー番組『Ghost Adventures』においてP-SB7スピリットボックスを活用して幽霊との対話に成功している。

P-SB7 スピリットボックスを使用する場合、テレスコピックアンテナを完全に伸ばして回転させ、可能な限り最高の受信を得ることで、幽霊との対話が実現する。また注意事項として、音量レベル20を超えたり、長時間大音量で使用したりは厳禁である。霊的な反応の場合、大音量は必要ないという。

なおテープなどに記録される幽霊の声は、学術的にはEVP(Electric Voice Phenomena)すなわち電子音声現象とも呼ばれている。バーナード・W・マーチンは「別の目的で録音したテープに、何ら物理的根拠が見い出せないある種の音が発生する現象」(※1)と定義している。

P-SB7スピリットボックスはAmazonでは22,167 円(税込)という価格であり、4.2/5点と評価されている(2020/10/29時点)。 今後、日本でも活躍が期待される調査ガジェットである。

参考文献

(※1)バーナード・W・マーチン/著、たま翻訳プロジェクト/訳(1993)『不思議オカルト・ブック』たま出版、147頁


にほんブログ村 哲学・思想ブログ オカルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ